マイクロホンアレーの指向特性を調べてみよう

 マイクロホンアレーは複数のマイクロホンを用いた収音系であり,空間中の特定方向の音源からの音を選択的に取り出したり(目的音抽出),特定方向の音源の音を抑圧したり(雑音除去),音源の方向を推定(音源定位)したりするのに用いられます.例えば,上図のような単純な遅延和アレーで目的音抽出を行なう場合,マイクロホンの受信信号に適切な遅延を与えることで目的音成分を同相化(位相を揃えること)することで,目的音を強調することができます.このとき,マイクロホンアレーの指向特性(いろいろな方向に対する感度特性)は,目的音方向にピークをもつように動作します.下のアプレットは,音源が正面(θ=0)にあるときに,マイクロホンを等間隔で直線状に並べた場合の指向特性を調べるものです.音の周波数f,マイクロホン間隔d,マイクロホン数Mをいろいろと変えて,指向特性が変わる様子を調べてみて下さい.
アプレットが実行できない場合はSUN Java VMをダウンロードしてインストールして下さい(MS Java VMではありません).


ディジタルフィルタの体験ページへ戻る