>>第28回信号処理シンポジウム

Menu

TOP
自己紹介
研究内容
近況
リンク

第28回信号処理シンポジウム

2013年11月19日から11月22日まで,海峡メッセ下関の国際貿易ビルにて,第28回信号処理シンポジウムが開催されました。 ディジタル信号処理研究室からは,青木,金丸先輩,斎藤先輩,今泉君,榊原君,西村君が発表しました。 (撮影:陶山先生)


シンポジウム会場の国際貿易ビル(手前)。 奥の隣接したタワーは下関のランドマーク,海峡ゆめタワーです。




11月20日午前 ホテルロビー

左から発表当日の金丸先輩,斎藤先輩,そして私(撮影:今泉君)。



先輩方は流石の余裕の表情ですが,私は緊張を隠しきれない表情です。




11月20日午前 C1:音声・音響信号処理I

このセッションでは青木が発表しました。
青木の発表
─複数の重み付け加算回路を用いた移動音源分離─



この一般セッションのうち最初であったためか,会場には立ち見が出るほど多くの人がいました。 私は和田研の岸田君に次いで2番目に発表しました。 今回は落ち着いて発表をすることができました。 少しスライド頼りになる部分も多かったので, 主体的に発表できるよう今後の課題にしたいです。

質疑応答では 奈良先端科学技術大学院大学の猿渡洋先生,大阪大学の川村新先生,明治大学の村上隆啓先生にご質問をいただきました。(撮影:斎藤先輩)


時間いっぱいまで多くのご質問やご意見をいただけたことは大変うれしく,ありがたいです。 一部,質問を正しく理解できずうまく答えることができなかったことが悔やまれます。

発表終了後にも京都大学の若林佑幸先生を加えて,多くの先生方と研究の詳しい話ができ,非常に勉強になりました。(撮影:今泉君)


今回の経験を今後の研究活動にも活かしていけるように励みたいと思います。 また貴重なお時間を割いて発表を聞いていただいた方々に感謝いたします。





11月20日午後 P1:ポスターセッションI

このセッションでは金丸先輩と斎藤先輩が発表されました。本セッションは27件の発表があり,会場が熱気に包まれていました。


金丸先輩の発表
─Ant Colony OptimizationによるCSD係数FIRフィルタの設計─


齋藤先輩の発表
─CSD係数FIRフィルタ設計における局所解停留回避のためのペナルティ関数の検証─


2時間の長丁場でしたが,先輩方のブースにはひっきりなしに人が来ていました。 しかし先輩方は堂々とした説明をされていて,自分も見習いたいと思います。





11月21日午前 A3:適応信号処理II

このセッションでは陶山先生が座長を務められました。(撮影:今泉君)





11月21日午後 P2:ポスターセッションII

今泉君の発表
─近接最適性原理に基づくCSD係数FIRフィルタの設計─


このセッションもたくさんの人が参加しており,熱い議論が交わされていました。 今泉君は初のポスター発表でしたが,いい緊張をもって発表に臨んでいました。 彼のメンタルの強さはすばらしいです。 結構際どい質問もあったようですが,頑張っていました。

汗をかきながら説明に励む今泉君。


指示棒をうまく駆使して説明しています。






11月22日午前 C6:ディジタルフィルタ

本セッションでは榊原君と西村君が発表しました。
榊原君の発表
─再最適化によるFIRフィルタ設計の高速化─


スライドのデザインを一新し,また前日には東北大学の八巻先生に発表のコツを聞いて臨んだという榊原君。 落ち着いて練習通りの発表ができていたように思います。 会場からの質問にも良く答えていました。

西村君の発表
─PSOによるIIRフィルタ設計のための早期収束回避法─


西村君は前日の夜まで熱心に発表練習を重ねたそうです。 いつも通りの丁寧な発表でした。 先日の今泉君の研究と絡んだ質問もありましたが, 的確に質問に答えていました。



〜発表のまとめ〜

今回のシンポジウムでの発表を行ううえで,大変お忙しい中ご指導およびご助言いただきました陶山先生, 宮田先生,M2の先輩方,同期の皆さま,ありがとうございます。 さらにMOS評価にご協力いただいた光システム研究室,エネルギー環境システム研究室,ディジタル信号処理研究室の皆さま, 旭祭で研究室に来場し評価にご協力いただいた方々に深く感謝申し上げます。 今回のシンポジウムで発表するにあたり,研究活動の中で多くの方の助けがあって研究できることを実感しました。 これからもしっかりと研究活動に励みたいと思います。





レセプション・懇親会

下関観光1・打ち上げ

下関観光2

Copyright(C) Aoki Shigeharu All rights reserved.