電子情報通信学会信号処理研究会


電子情報通信学会信号処理研究会は、2014年1月23日〜2014年1月24日に九州大学の伊都キャンパスで行われました。

移動日

上の写真は、羽田空港に行く途中の様子と我々が乗る福岡行きの飛行機です。
緊張感が高まってきました。

ホテルに到着して少し休んでから、発表練習を行いました。
陶山先生にもお疲れの中、お付き合い頂きました。
ありがとうございます。

発表練習を終えたら、屋台へ行きました。
屋台のラーメンは、最高の味でした。
また、手羽先の中に明太子が入った「手羽めんたい」もおいしかったです。(ごめんなさい。写真に収めるのを忘れてしまいました。)

ご飯を食べていると、よく分からないところにDSPを発見!
あのDSPは、いったいどういう意味なのでしょう?(笑)

発表当日

朝食には、福岡名物「明太子」を食べました。
やっぱり本場の明太子は、一味違いました。
伊東君は、眠そうな顔をしていました。

いよいよ、九州大学伊都キャンパスへ出発です。
大学へは、バスを利用しました。

九州大学伊都キャンパスに到着。
非常に立派なキャンパスで、あまりのスケールの大きさに驚きました。

会場は、上の写真の稲盛財団記念館という綺麗な場所でした。

セッションは午後からだったので、近くの中華料理屋でご飯を食べました。
伊東君は坦々麺、私と先生はトマトラーメンを頂きました。
おいしかったです。

本番

まず、伊東君が発表を行いました。
発表は、終始落ち着いていました。
また質疑応答の時には、白熱した議論をしており、印象的でした。

次に、私が発表を行いました。
発表は、焦らず丁寧に喋ろうと心掛けながら行いました。
質疑応答の際には、信号処理専門の先生方から、たくさんのご意見を頂きました。
しかしながら、質問に対し正確に答えることができない部分がありました。
そこは、深く反省しています。
ご意見をくださった先生方、本当にありがとうございました。

最後に、宮田先生が発表を行いました。
先生は、発表と質疑応答ともに、非常に丁寧に対応していました。
さすがです。

打ち上げ

打ち上げは、天神地区の少しお高いレストランで行いました。
見てください。上の写真を!!
全部、サイコーーーでした。

あまりのおいしさに、皆さん満足そうな顔をしていますね。
私だけ、おかしなことになっていますが・・・(笑)

勿論、お酒も最高でした。

陶山先生、宮田先生、ごちそうさまでした。

まとめ

陶山先生には、1月という大変お忙しいなか電子情報通信学会信号処理研究会という機会を与えてくださいました。
誠に感謝致します。
また、陶山先生、宮田先生をはじめ院生や学部生の方々には、自分の発表練習のために多くの時間を割いて頂きました。
本当にありがとうございました。

観光

Top

戻る